Square(スクエア)の導入&体験談

Square(スクエア)の導入&体験談

決済サービス【スクエア】を導入したホンネの体験談

クラウドファンディング!Squareで簡単に始められる!やり方は?

f:id:shaloom2017:20190403130420j:plain

 

クラウドファンディングの簡単な始め方!

支援者から寄付金を募りビジネスを立ち上げたり、新型コロナウイルスの影響で経営苦となり、支援金を募集したいとお考えのビジネスオーナー様へ!

 

今回はSquare(スクエア)のキャッシュレス決済を用いて、簡単にクラウドファンディング(寄付金)をオンラインで募ることができる機能をご紹介させていただきます。

 

Square(スクエア)は対面による決済だけではなく、2020年からオンライン決済もできるようになりました。それらの機能について詳しく解説しましたので、クラウドファンディングをはじめよう!とお考えのビジネスオーナー様はぜひ続きをお読みください。

 

>>>続きを読む

www.shaloomes.com

 

 

【最新版】現在開催中のSquare(スクエア)のキャンペーン詳細まとめ!

f:id:shaloom2017:20170904105724j:plain

カード決済のSquare(スクエア)で現在開催中のキャンペーンについて、詳しくご紹介させていただきます。

この記事を書いている私も実際にスクエアを導入しています。わたしが導入した5年ほど前にはなかったような、大変お得なキャンペーンとなっていますので、今がスクエアをお得に導入できるチャンスです。

これらのキャンペーンの内容を詳しくご紹介していきますので、よく理解してからキャンペーンを利用してスクエアを導入してください。

 

現在2種類のキャンペーンあり!

この記事を書いている現在、スクエアでは2つのキャンペーンが同時開催されています。

▼キャンペーンの概要▼

1.カードリーダー実質0円!

2.決済手数料0円!

 

※上記2キャンペーン併用可能

 

1.カードリーダー実質0円キャンペーンの詳細

スクエアでカード決済を行う際に必要となる端末機(カードリーダー)は、7,980円で購入しなければなりません。しかし、下記の手順で条件を満たせば全額キャッシュバックされます。

※期間:カードリーダーの在庫がなくなり次第終了

 

▼全額キャッシュバックの概要▼

(手順1)登録・審査

Squareの公式サイトから新規アカウント登録(無料)を行います。そうすると自動的に審査が開始されます。

 

(手順2)カードリーダー購入

新規アカウント作成後、管理画面にログインしたままの状態でメニューからSquareカードリーダーを購入します。通常1週間以内には届きます。

 

(手順3)利用開始する

カードリーダーが届けばスグにでもカード決済ができるように、前もってお持ちのスマホタブレットにSquare POSレジアプリ(無料)をダウンロードしておきましょう。

登録したアカウント情報でログインできますので、メニューや商品などを登録しておけば便利です。そして、カードリーダーが届けば実際にお客様に対してカード決済を利用開始してください。

 

※カードリーダーの故障、またはSquareアプリが正常に作動するかどうかをチェックするために、カードリーダーが到着後すぐに、ご自身のカードによる100円テストを、お客様の決済を行う前に必ず行ってください!

 

(手順4)キャッシュバック申請

お客様に対しての1回目のカード決済が完了すると、Squareからメールが7日以内に送信されて来ますので、メールの案内フォームに沿ってキャッシュバックの申請を行います。


※※

これら1~4の手順を期間内である90日以内に完了することで、カードリーダー代(7,980円)が後日、全額キャッシュバックされますので、必ず申請しましょう!  

 

【公式サイトで新規アカウント登録】 

最短当日でカード決済導入!

 

2.決済手数料0円キャンペーンの詳細

キャンペーン期間中(2019年3月26日~2019年6月30日まで)に、以下の条件をすべて満たした対象者にはカード決済額30万円分に対する決済手数料が0円になるキャンペーンです。

※キャンペーン予算がなくなり次第終了

 

▼決済手数料0円の概要▼

(条件1)

上記のキャンペーン期間中にスクエアの公式サイトより、新規アカウント登録を行う。

 

(条件2)

アカウント登録後、スクエアがおこなうキャンペーン審査に通過する(メールにて審査結果はお知らせされます)。

 

▼公式サイトで新規アカウント登録▼ 

最短当日でカード決済導入!  

 

 

 

【あわせて読まれている記事】

ameblo.jp

 

ameblo.jp

 

ameblo.jp

 

ameblo.jp

 

ameblo.jp

 

forgoope.hatenablog.com

 

 

 

 

楽天ペイとスクエア【徹底比較!】カード決済を導入するならどっち?

そろそろ、クレジットカード決済を導入しようとお考えのビジネスオーナー様や、現在もう既にカード決済を導入しているが、他社との比較をしてみたい!と思われている方々に向け、今回は楽天ペイSquare(スクエア)の徹底比較をさせていただきます。

約5年前、実際に私が経営するサロンにカード決済を導入するにあたって、あらゆる角度から比較・検討を繰り返しました。その私のリサーチの結果を、赤裸々にご紹介させていただきます。

カード決済の導入にあたって【失敗しない!】決済サービスの選び方を、あらゆる比較・検討を基にご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください!

 

楽天ペイとは?

f:id:shaloom2017:20171224022257p:plain

 

まずは楽天ペイについて簡単にご紹介します。楽天ペイとは楽天が運営するカード決済サービスです。クレジットカードだけでなく、交通系電子マネーApple Payなど、多彩な決済ができるというのが最大の特徴です。

▼公式サイト▼

楽天ペイ公式サイト

 

 Square(スクエア)とは?

Square(スクエア)は、Twitterの創業者が立ち上げたカード決済サービスです。対面での販売だけではなく、ネットショップや請求書などメールを用いてオンライン決済ができるインボイス機能など、さまざまなニーズに応えて日々進化していっています。

▼公式サイト▼

最短当日でカード決済導入!

 

 では、これらの楽天ペイSquareについて、もっと詳しく各項目ごとに徹底比較していきます!

 

入金サイクル&振込手数料は?

楽天ペイ▼

指定した口座が楽天銀行であれば、翌日に自動入金されます。しかし、その他の銀行の場合は、管理画面より入金依頼を行わなければ振込みしてもらえません

また、入金される度に振込手数料として210円が毎回かかってしまいますので、楽天銀行に口座を持っていない場合は注意が必要です。

 

▼スクエア▼

三井住友銀行みずほ銀行であれば翌日に自動入金されます。その他の銀行であれば、週に1回(毎週金曜日)のペースで月4回入金してもらえます。

スクエアの場合は、どの銀行口座を入金先として指定しても、自動で振込んでもらえ、振込手数料も一切かからず無料です。

 

▼比較・結果▼

スクエア > 楽天ペイ

楽天銀行の口座をわざわざ新規で開設しなくても、今お持ちの銀行口座を振込先として指定できるという点で、Squareに軍配が上がります。また、振込み手数料が一切かからない!というのもメリットとなります。

 

 対応カード&手数料は?

楽天ペイ▼

VISA・アメックス・Masterカードなら3.24%。JCB・ダイナーズクラブ・ディスカバーなら3.74%の手数料となります。

これらの6つの対応クレジットカード決済に加え、楽天ペイはICOCASuicaなどの交通系電子マネー(手数料:3.24%)や、楽天EdyAppleペイ・iDなどの電子マネー(手数料:3.74%)など、多彩な決済が取り扱えます。

 

▼スクエア▼

VISA・アメックス・Master・ダイナーズクラブ・ディスカバーなら3.25%。JCBのみ3.95%の手数料となります。

この記事を書いている現在、スクエアでは電子マネー系の決済はできませんが、メールで請求書を送信し、オンラインでクレジットカード決済ができるインボイス機能(手数料:3.25%~)が使えます。

 

▼比較・結果▼

楽天ペイ スクエア

手数料では、ほんの少しですが楽天ペイに軍配が上がります。またクレジットカード決済以外にも電子マネー等が扱えるという点でも楽天ペイの方が現在では優勢です。

しかし、ビジネスによっては店舗における対面販売だけではなく、ホームページ上でもネット販売されているような美容院(シャンプーやワックス)、整体院(骨盤ベルトやテーピング)、エステサロン(美容クリームや化粧品)などのオーナー様にとっては、オンライン決済ができるスクエアは重宝するかと思います。

 

カードリーダーの費用は?

楽天ペイ▼

カードリーダーを18,800円で購入します。そのカードリーダーをお持ちのスマホタブレットBluetoothで接続し、決済を行います。通常なら18,800円の費用がかかるカードリーダーですが、条件を満たせばキャッシュバックされ、実質0円で入手できるキャンペーンもされています。 

※キャンペーンを見る↓↓

楽天ペイ(実店舗決済):【新規申込限定】カードリーダー代全額キャッシュバックキャンペーン

 

▼スクエア▼

カードリーダーを7,980円で購入します。そのカードリーダーをお持ちのスマホタブレットとをBluetoothで繋いで、カード決済を行います。

スクエアでも通常7,980円かかるカードリーダーを、実質0円に全額キャッシュバックされる『キャンペーン』が開催されています(在庫がなくなり次第、終了)。

 

※キャンペーンを見る↓↓ 

forcard.hatenablog.com

 

▼比較・結果▼

楽天ペイ スクエア

Square、楽天ペイ、どちらもカードリーダーと呼ばれる端末機を購入しなければ決済することはできません。

しかし、条件を満たせばカードリーダー代金を全額キャッシュバックされるキャンペーンを、どちらも開催されていますので、この項目での比較は引き分け(イーブン)です。 

 

レシート・明細は?

楽天ペイ▼

レシート(ご利用明細)はメールにて送信する形となります。紙に印刷するには別途に専用プリンターを購入する必要があります。

 

▼スクエア▼

スクエアも楽天ペイと同様に、メールにてレシート(ご利用明細)を送信します。紙に印刷するには、専用プリンターを別途に購入する必要があります。

 

▼比較・結果▼

楽天ペイ = スクエア

この項目でも、楽天ペイとスクエアでは同じ仕様となっていますので、ドロー(引き分け)です。

 

回数券、チケット等の役務は?

楽天ペイ▼

楽天ペイでは、その都度払いのみ対応となっています。ですので回数券やチケット、コース料金などで発生する料金先払い(役務サービス)は取り扱うことができない規約となっています。

 

▼スクエア▼

スクエアはカード決済サービス会社の中では珍しく、回数券や月謝制などの役務サービスも決済可能となっています。

ですので、整体院、整骨・接骨院、マッサージ院、鍼灸院、エステサロン、ネイルサロン、学習塾、パソコン教室など、継続的に続くサービスに対して前払い(まとめ払い)して頂くことができるので、そのような回数券やチケット、コース料金、パック料金などを導入されているビジネスの方は、非常に助かると思います!

 

▼比較・結果▼

スクエア > 楽天ペイ

回数券やチケット、コース料金などをご提供されているビジネスオーナー様にとっては、これらの継続的なサービスによる役務に対してカード決済できる!という点でスクエは最大のメリットになるかと思います。 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は決済サービス会社である、楽天ペイとスクエアについて徹底比較をしてみました。

今回の比較・結果では、スクエアが2勝1敗2引き分けとなり軍配があがりました。しかし、あなたのビジネスの形態や使用目的によっては楽天ペイの方が重宝するというオーナー様もおられるかと思います。

また、どちらかに絞る必要もなく、両方とも契約し、上手く2つの決済会社を使い分けて使用されている店舗さまも多数あります。

今回の記事がカード決済を導入、および見直しをされている方々にとって、お役に立てれば幸いです。

 

▼スクエアの公式サイト▼

最短当日でカード決済導入!

 

 

【あわせて読まれている記事】

ameblo.jp

 

ameblo.jp

 

ameblo.jp

 

forgoope.hatenablog.com

 

 

 

 

 

個人事業主や自営業のカード決済導入!Square(スクエア)の魅力とは?

f:id:shaloom2017:20190328225345j:plain

カード決済を導入するには、厳しい審査、導入初期費用、高額な端末機、高い手数料、月額費・・など。さまざまな障害や高い壁がありました。

そのため、小さな会社を経営されている方や、個人事業主にとってはカード決済導入を諦めるしかなかった時代もありました。

しかし、時代は移り変わり、個人事業主でも簡単にカード決済を始められるようになりました。今回は、その先駆け的存在となったSquare(スクエア)というカード決済について、詳しくご紹介させていただきます!

 

 

自営業でも導入できる?

整体院、エステ店、脱毛サロン、ネイルサロン、英会話教室などは、とても審査が通りにくくカード決済導入が難しい業種とされていました。

しかしSquare(スクエア)なら、上記の業種でも比較的かんたんな審査でカード決済導入が可能です。まずは無料でアカウント登録し、店舗情報などを入力すれば、すぐに審査が開始されます。

 

▼新規 無料アカウント登録▼

最短当日でカード決済導入!  

審査に通れば、もうすぐにでもあなたの店舗でカード決済が開始できます。それでは、Square(スクエア)を利用するために必要なモノを2つご紹介します。

 

1.スマホタブレット

f:id:shaloom2017:20170922110446p:plain

Squareでは高額な端末機を買い取ったり、レンタルする必要は一切ありません。今あなたがお持ちのスマホタブレットに専用アプリをインストールすれば、端末機に早変わりします。

 

2.カードリーダー

f:id:shaloom2017:20190329231243p:plain

カードリーダーを7,980円で購入し、これをスマホタブレットBluetoothで接続して使用します。

そして、このカードリーダー代も全額キャッシュバックされるキャンペーンが、今なら開催されています(なくなり次第終了)。ですので、まったくお金をかけることなく、0円(無料!)でカード決済がスタートできます。

カード決済を導入しようとお考えの方は、ぜひお急ぎくださいね!

 

▼全額キャッシュバックの詳細▼ 

forcard.hatenablog.com

 

まとめ!

いかがだったでしょうか。今回は、自営業や個人事業主でも比較的かんたんに導入できる決済サービスのスクエアについて、ご紹介させていただきました。

新規導入キャンペーンを利用すれば、初期導入費も0円でスタートできますので大変お得です!

 

 

 

 

▼Squareの公式サイト▼

最短当日でカード決済導入!

 

 

【あわせて読まれている記事】

ameblo.jp

 

ameblo.jp

 

ameblo.jp

 

ameblo.jp

 

forgoope.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

【カード決済のスクエア】導入費は?月額費は?手数料は?まとめ!

f:id:shaloom2017:20190328230841p:plain

ビジネスオーナー様にとって、カード決済を店舗に導入するにあたって気になるのは、何と言っても費用のことだと思います。実際、わたしも経営するサロンにカード決済の導入になかなか踏み込めなかったのは、このような経費面での心配があったからです。

通常、店舗にカード決済を導入することによって、下記のような費用(経費)が掛かります。

◆初期導入費

◆決済手数料

◆入金の振込手数料

◆端末機のレンタル料

◆月額費・維持費

 

などなど

 

経営者にとって毎月の経費は極力抑えたいものです!カード決済では当然のことながら、決済手数料(カード会社の利益)が発生します。

ですので、決済手数料以外の部分でいかに経費が抑えられるかが、重要ポイントとなります!

 

私が導入した決済サービス!

私が経営するサロンで導入したのはSquare(スクエア)という決済サービスです。

SNS業界で最大手であるTwitterの創業者が開発したスクエアは、『誰にでもカード決済を・・。』というテーマで開発された、中小企業や小さな店舗、個人事業主にとって大変ありがたいカード決済会社なんです!

それでは、わたしが選んだ決済サービス『スクエア』の魅力をご紹介させていただきます。

 

スクエアの初期導入費は?

まずは初期導入費について。カード決済のサービス会社によっては初期導入費が10万円など、かなり高額になる所も多々あります。

しかし、Square(スクエア)で発生する初期導入費は、決済時に使用する端末機(カードリーダー代:7,980円)だけです。しかも今なら条件を満たせば、このカードリーダー代も全額キャシュバックされるキャンペーンが開催されていますので、実質0円(無料)でカード決済が導入できるようになっています。

▼キャンペーンの詳細▼

【新規限定】今だけカードリーダー代が実質無料に!

 

 

スクエアの決済手数料は?

カード決済において避けられないのは、決済時に掛かってくる決済手数料です。この決済手数料もサービス会社によって大きく異なります。

開業年数、経営状態、個人・法人など、カード決済を導入する側の条件や信用度によって審査基準が設けられ、高い手数料なら5%~8%くらい取られる所もあります。

しかしスクエアでは、業種や個人・法人などの事業規模を問わず、一律3.25%という安価な決済手数料となります(JCBのみ3.95%)。

 

スクエアの振込手数料は?

カードで決済した売上は、指定した金融機関の口座に後日入金されます。決済サービス会社によっては、その入金の際に生じる振込手数料を取られる所もあります。

しかしスクエアにおける入金の振込手数料は、すべてスクエアが負担してくれるので余計な経費がかかりません。

また、入金サイクルもとても速くて最短で翌営業日、最長でも週に1回入金してもらえます(指定する金融機関によって異なる)。この入金サイクルが速いというのもビジネスオーナーにとっては大変ありがたいことです。

 

スクエアの月額費・維持費は?

スクエアでカード決済を行うには、先程ご紹介したカードリーダーバイススマホまたはタブレット)の2点があれば大丈夫です。

今すでにお持ちのスマホタブレットに、スクエアの無料アプリをインストールし、カードリーダーとBluetoothで接続するだけでカード決済が行えますので、専用端末機のレンタル代やその他の月額費・維持費なども一切かかりませんので安心です。

 

まとめ!

いかがだったでしょうか。今回は実際に私が導入している決済サービスのスクエアについて、ご紹介させていただきました。まとめると・・

◆振込手数料0円

◆月額固定費0円

◆初期導入費0円

◆カードリーダー実質0円

キャンペーン利用)

このように、スクエアはすべて0円で導入することができ、かかる経費としては決済を行った時のみに発生する決済手数料3.25%だけになります(JCBのみ3.95%)。

わたしも導入する前は、決済手数料がもったいないなぁ~と思っていましたが、カード決済によって高額商品(サービス)も売れるようになり、客単価が大幅にアップしましたので大変喜んでいます!

今回の記事が、カード決済を導入するかどうかでお悩みのビジネスオーナー様にとって、お役に立てれば幸いです。

 

▼スクエアの公式サイト▼

最短当日でカード決済導入!  

 

 

 

【あわせて読まれている記事】

ameblo.jp

 

ameblo.jp

 

ameblo.jp

  

ameblo.jp

 

ameblo.jp

 

 

 

Square(スクエア)の手数料は?整体院にオススメのカード決済!

f:id:shaloom2017:20170918182614j:plain

整体院にカード決済導入をお考えの院長先生の中には、決済時に掛かる手数料が気になる!という方も多いかと思います。

今回は私の整体院に導入したSquare(スクエア)というカード決済会社についての手数料をご紹介させていただきます。

 

このSquareでは、店舗やお客さまの用途に応じて4つの決済方法が選べます。

また、この記事を書いている現在ではSquareはVISA・アメリカンエキスプレス・マスターの3種類のカードが標準で利用でき、さらにJCB独自の審査に通過すると、ディスカバー・ダイナーズクラブ・JCBの3種類カードも合わせて利用できます。

それらの決済方法やカード会社によって、決済手数料は変わりますので、それぞれの決済方法の説明とカード会社の手数料について、順番にわかりやすくご説明します。

 

1.カードリーダーで決済

f:id:shaloom2017:20170922110446p:plain

今お持ちのスマホタブレットなどのイヤフォンジャックに、専用カードリーダーと呼ばれる端末機を差し込み、カード決済を行うのがSquareでは最もオーソドックスな方法となります。

このカードリーダーを用いた場合の決済手数料は3.25%(※JCBのみ3.95%)となります。

・VISA

・マスター

アメリカンエキスプレス

・ダイナーズクラブ

・ディスカバー

上記5カードは3.25%

--------

JCBのみ3.95%

 

 

2.直接、手入力で決済!

f:id:shaloom2017:20170922122549p:plain

 

2つ目の決済方法はカードリーダー経由ではなく、スマホタブレットに直接カード番号を手入力するという方法です。

お客さまがお持ちのクレジットカードが古く、ICチップや磁気ストライプがカードリーダーで読み取れない場合にこの決済方法を使用します。

また、お持ちのカードリーダーが故障して使えなくなった場合や充電するのを忘れていた場合にも、この手入力での決済が役立ちます。

このカード番号を手入力して決済を行う場合の手数料は3.75%となっています。ただし、この決済方法が利用できるカードの種類は限られています。使えるカード会社は下記の通りです。

 

(利用可能)

・VISA

・マスター

アメリカンエキスプレス

 ------

(利用不可)

・ダイナーズクラブ

・ディスカバー

JCB

 

3.PCでブラウザ決済!

f:id:shaloom2017:20170902133535p:plain

3つ目のカード決済方法は『ブラウザ決済』と呼ばれるものです。

お使いのパソコンにカード番号を入力して行う決済方法です。ガラケー携帯をお持ちで、スマホタブレットは所有していないという方にも、この機能を用いてカード決済ができます!

また、整体院を経営されている方の中には、ご来院していただき施術を行う対面サービスだけではなく、電話によるカウンセリングや物品販売をされている院もあるかと思います。

それらのサービスにおいても、このブラウザ決済を使うことで、電話窓口でお客様のカード情報をお聞きし、その場でお使いのパソコンに入力することで、カード決済が可能となります。

このブラウザ決済でかかる手数料は3.75%です。また、この決済が使用できるカード会社は下記になります。

 

(利用可能)

・VISA

・マスター

アメリカンエキスプレス

 ------

(利用不可)

・ダイナーズクラブ

・ディスカバー

JCB

 

4.請求書機能で決済!

f:id:shaloom2017:20170925185712p:plain

4つ目の決済方法は、請求書機能と呼ばれるメールにて請求書を送信し、そこから決済できる方法です。

この機能はSquare(スクエア)の新しい機能となり、他のカード決済会社には、まだあまりないサービスとなりますので大変注目されています。

この請求書機能をうまく利用することで、請求書で事前に決済完了後に予約が取れるシステム(キャンセル防止)を導入したり、月額会員制ビジネス(継続収入)などにも活躍する便利な決済方法となります。

請求書決済を行った際の手数料は3.25%(※JCBのみ3.95%)です。

・VISA

・マスター

アメリカンエキスプレス

・ダイナーズクラブ

・ディスカバー

上記5カードは3.25%

--------

JCBのみ3.95% 

また、毎月のように請求書を発行する場合には、カード情報を保存して決済する『保存済みカード情報による決済』がとても便利です。その場合は3.75%の手数料がかかります(※JCBは変わらず3.95%)。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。今回は簡単にカード決済が始められるSquare(スクエア)に用意されている、4つのカード決済方法とカード会社による手数料の違いについてご紹介させていただきました。

元々はVISA・マスター・アメリカンエキスプレスの3種類のみだったSquare(スクエア)ですが、2017年の夏頃からはJCB・ダイナーズクラブ・ディスカバーのカード会社も追加され、取り扱いカード会社は合計6社となりました!

今現在では使用できるサービスなどカード会社によっては制限もありますが、今後の実績次第では手数料やご利用の幅が変わっていくかも知れませんね。

 

そして、もしあなたがカード決済を導入したい!とお考えのようでしたら、今ならお得なキャンペーンが開催されています!

通常、スクエアのカード決済を始めるにあたって、カードリーダー端末機は必ず購入しなければなりません(4,980円)。しかし、今なら全額キャッシュバックされる『キャンペーン』が開催されていますので、無料でカード決済が導入できる期間中の今が大変お得です!

※この記事を書いている現在の料金&キャンペーン内容です

 

【全額キャッシュバックの概要】

(手順1)登録・審査

Squareの公式サイトから新規アカウント登録(無料)を行います。そうすると自動的に審査が開始されます。

 

(手順2)カードリーダー購入

新規アカウント作成後、管理画面にログインしたままの状態でメニューからSquareカードリーダーを購入します。通常1週間以内には届きます。

 

(手順3)利用開始する

カードリーダーが届けばスグにでもカード決済ができるように、前もってお持ちのスマホタブレットにSquare POSレジアプリ(無料)をダウンロードしておきましょう。

登録したアカウントでログインできますので、メニューや商品などを登録しておけば便利です。そして、カードリーダーが届けば実際にお客様に対してカード決済を利用開始してください。

 

※カードリーダーの故障、またはSquareアプリが正常に作動するかどうかをチェックするために、カードリーダーが到着後すぐに、ご自身のカードによる100円テストを、お客様の決済を行う前に必ず行ってください!

 

(手順4)キャッシュバック申請

1回目のカード決済が完了すると、Squareからメールが送信されて来ますので、メールの案内フォームに沿ってキャッシュバックの申請を行います。


※※

これら1~4の手順を期間内である14日以内に完了することで、カードリーダー代(4,980円)が全額キャッシュバックされますので、必ず申請しましょう!   

 

【追記】

2019年3月末にスクエアのカードリーダーがリニューアルされました。それに伴い、カードリーダーの料金およびキャンペーン内容が少し変わっていますので、必ず公式サイトで最新情報をご確認ください。 

 

▼Squareの公式サイトで確認▼ 

最短当日でカード決済導入!

 

 

【あわせて読まれている記事】

ameblo.jp

 

ameblo.jp

 

ameblo.jp

 

ameblo.jp

 

ameblo.jp

  

forgoope.hatenablog.com

 

 

 

 

 

入金サイクルが速い!整体院に最適な【Square】のカード決済!

f:id:shaloom2017:20170918122214j:plain

カード決済を整体院に導入するにあたって、デメリットの1つとして挙げられるのが『入金サイクル』です。

入金サイクルは、カード決済会社によってマチマチで、一ヶ月に1回入金される会社や、一ヶ月に2回入金される会社もあります。

個人事業で小さな整体院を経営されている院長先生なら、なるべく早く入金して欲しい!というのが正直な意見だと思います。家賃、光熱費、通信費、人件費、消耗品費など、常にお金を回していかないと厳しい状況の院もあるかと察します。

 

今回は私の整体院で導入したカード決済『Square(スクエア)』の入金サイクルについての詳細をご紹介させていただきます。整体院にカード決済導入をお考えの院長先生のお役に立てれば嬉しいです!

 

入金が速い!Square(スクエア)! 

 

Square(スクエア)の入金サイクルは、最短で翌日!長くても一週間に1回のサイクルで入金してもらえます!

この入金サイクルの速さに魅力を感じて、Square(スクエア)のカード決済を導入される個人事業主の方々もとても多いです。

これらの入金サイクルの違いは、指定する銀行口座によって変わってきます。詳しくご説明していきます! 

三井住友銀行

みずほ銀行

上記2つの銀行を入金口座として指定した場合、土・日・祝日を除き、カード決済にて売り上げが発生した翌日に振り込まれます(金曜日の売上分は翌営業日の月曜に)。

何かとお金のやり繰りが大変な個人事業の整体院でも、翌日にカード決済分が入金されることは大変ありがたいことです。

 

その他の金融機関の場合

三井住友銀行みずほ銀行以外の銀行や、地方銀行を振込口座に指定した場合でも一週間に1回のサイクルで入金してもらえます。

木曜日~水曜日までに発生した一週間分のカード決済の売上は、週末の金曜日にまとめて入金されます。私も地方銀行の口座を入金先として指定していますが、一週間に1回・月に4回入金していただけるサイクルは、とても助かっています!

 

振込手数料も0円無料!

Square(スクエア)では、指定した銀行口座に最短で翌日。長くても一週間に1回のサイクルで入金されますが、その時に発生する振込手数料も0円無料です!

すべてSquare(スクエア)社の負担で振り込んでいただけます。引かれるのはカード決済時に発生した決済手数料(3.25%~)のみとなっています。

ぜひ公式サイトをご覧になられて、無料のアカウント登録さえ済めば、今すぐにでもあなたの整体院でもカード決済をスタートすることができます。

 

まとめ

今回は整体院やネイルサロン、エステ店やアロマセラピーなど、個人サロンを運営されている方々に向けて、入金サイクルが速いSquare(スクエア)について、詳しくご紹介させていただきました。 

実際にカード決済を導入してみて思うことは、決済手数料は取られてしまいますが、それ以上の増収・増益が見込め、かつお客様にも喜んでもらえますので本当にカード決済を導入して良かったと思っています。

 

そして、もしあなたがカード決済を始めたいとお考えのようでしたら、今ならお得なキャンペーンが開催されています!

通常、スクエアのカード決済を導入するにあたって、カードリーダー端末機は必ず購入しなければなりません(4,980円)。しかし、今なら全額キャッシュバックされる『キャンペーン』が開催されていますので、無料でカード決済が導入できる期間中の今が大変お得です!

※この記事を書いている現在の料金、およびキャンペーン内容です。

 

全額キャッシュバックの流れ

Suquareの公式サイトから新規アカウントを登録後、14日以内に下記の手順を行えば『キャンペーン』が適用され、カードリーダー端末(4,980円)が全額キャッシュバックされます!

(手順1)登録・審査

Squareの公式サイトから新規アカウント登録(無料)を行います。そうすると自動的に審査が開始されます。

 

(手順2)カードリーダー購入

新規アカウント作成後、管理画面にログインしたままの状態でメニューからSquareカードリーダーを購入します。通常1週間以内には届きます。

 

(手順3)利用開始する

カードリーダーが届けばスグにでもカード決済ができるように、前もってお持ちのスマホタブレットにSquare POSレジアプリ(無料)をダウンロードしておきましょう。

登録したアカウントでログインできますので、メニューや商品などを登録しておけば便利です。そして、カードリーダーが届けば実際にお客様に対してカード決済を利用開始してください。

 

※カードリーダーの故障、またはSquareアプリが正常に作動するかどうかをチェックするために、カードリーダーが到着後すぐに、ご自身のカードによる100円テストを、お客様の決済を行う前に必ず行ってください!

 

(手順4)キャッシュバック申請

1回目のカード決済が完了すると、Squareからメールが送信されて来ますので、メールの案内フォームに沿ってキャッシュバックの申請を行います。


※※

これら1~4の手順を期間内である14日以内に完了することで、カードリーダー代(4,980円)が全額キャッシュバックされますので、必ず申請しましょう! 

 

【追記】

2019年3月末にスクエアのカードリーダーがリニューアルされました。それに伴い、カードリーダーの料金およびキャンペーン内容が少し変わっていますので、必ず公式サイトで最新情報をご確認ください。 

 

 

▼Squareの公式サイトで確認▼ 

最短当日でカード決済導入!

 

 

 

【あわせて読まれている記事】  

ameblo.jp

 

ameblo.jp

 

ameblo.jp

 

ameblo.jp

 

forgoope.hatenablog.com